Top > 無線LANシステム構築は簡単

無線LANシステム構築は簡単

無線LANのシステムを組むのに難しいことはありません。テレビの録画もやっとなのに、無線LANなんてとても・・・なんて心配することはありません。
まず、無線LANを使うにはアクセスポイントという親機の役割をするものと、クライアントという子機の役割をする機器が必要です。
始めに、アクセスポイント(親機)とクライアント(子機)をそろえてそれぞれモデムとパソコンに接続します。
無線LANを使うのに必要なのはアクセスポイント(親機)とクライアント(子機)の2種類ですが、セットで売られているものを選ぶと簡単です。
最近のノートパソコンには無線LANの機能が内蔵されていますし、設定もボタンを押すだけです。
親機と子機は同じメーカーのものを使ったほうが、設定もボタンを押すだけでできるので便利です。
通信設定はクライアントソフトというものを使いますが、同じメーカーの親機と子機ならボタンを押すだけで設定が完了します。

無線LANのセットをそろえる予算は1万円~2万円後半くらいです。アクセスポイントとクライアントをセットでそろえると1万円半ば位、高速のモデルだと2万円前半くらいです。
パソコンを何台か使いたいのなら、アクセスポイントにルーター機能が付いたものを選びましょう。
ルーター機能というのは、複数のパソコンを使える機能で、アクセスポイント側に付いています。
最近のゲーム機も無線LANに対応しているので、無線でネットゲームが楽しめますよ。



 

 モンクレールダウン  ペット火葬大阪  フィギュアケース
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
無線LANとは(2009年6月24日)
無線LANシステム構築は簡単(2009年6月24日)
無線LANで広がるPCライフ(2009年6月24日)
無線LANのメリット(2009年6月24日)
ホットスポットについて(2009年6月24日)